不動産売却に関する口コミ評判と体験談

目次

査定から3か月後にマンションが売れました。(男性/40代)

男性/40代

私は東京都内に住んでいる40代の男性ですが、リーマンショック後に購入したマンションを売却して、
注文住宅に移り住もうと考えていました。

そして、運良く希望の条件を満たす土地が見つかったので、
マンション売却より先に土地を購入することになりました。

そのため、その土地に家が建つ前に、何とかしてマンションを売らなければならない事態にりました。

しかし、売却の仲介を依頼していた不動産業者の対応があまり良くなく、購入検討者は何人か現れて、
実際に内覧までしてもらったものの、成約には至らず時間だけが過ぎていく状況でした。

そんな時、友人から紹介されたイエウールという不動産の一括査定サービスを利用してみたのです。

簡単な情報を入力して登録すると、早速3社から売却に向けた提案があり、
その査定価格から現在の売り出し価格が高すぎるということが判明しました。

そこで、もっとも具体的な販売プランを提示してきた不動産業者にコンタクトをとって相談したところ、
売り出し価格を査定価格に近づけることと、新聞チラシを使った販売活動を提案されました。

とても説得力があったので、その業者に売却の仲介を依頼することにしました。

そこからはとんとん拍子に話が進み、なんと3か月後には売却の契約に判を押すことができました。

このように売り出し価格と市場の相場とのミスマッチを防ぐとともに、
早期に不動産を売却したいという方にとって、一括査定サービスはおすすめです。

イエウール

イエウール
  • 60秒の簡単入力で不動産の無料一括査定が可能、初心者でも安心
  • 評判の悪い企業は削除され、優良な不動産会社のみが登録されている
  • 早く・高く・失敗しないで不動産を売却したい人にぴったりなサイト

田舎の空き家を売却できました。(女性/50代)

女性/50代

私は50代後半の専業主婦で、夫と二人で東京の都心に暮らしています。

数年前に親が他界してからは、田舎にある実家がずっと空き家になっており、何とかしなければと考えていました。でも、いつかは娘夫婦がそちらに引っ越して住むかもしれないと思い、なかなか売却できずにいました。

しかし最近、娘夫婦が新しいマンションを購入し、そちらに住むことになったので、
いよいよ実家を処分しなければいけなくなったのです。

実家はかなり田舎にあるため、地元には不動産屋が一件しかありません。

その一件の不動産屋を当てにして、田舎に帰ったのですが、なんと閉店してお店が無くなっていました。
そんな時に娘から連絡が入り、ネットで不動産の一括査定をしてみてはどうかと勧められました。

実家の付近には不動産屋が一件も無かったので、ネットで査定してもらえて非常に助かりました。

しかも、三社の査定額を比較検討できたのが良かったです。
三社とも査定額には大きな違いはなく、10万円前後の差があるだけでした。

しかし、その中の一社は、査定額の根拠や売却活動の内容を具体的に説明してくださり、
親切な対応が特に好印象だったので、最終的にはそちらで売却をお願いすることにしました。

ネットを使って不動産の一括査定ができ、空き家を効率よく売却できて満足しています。

自宅マンションを一括査定で売りました。(男性/60代)

男性/60代

大手通信会社で働いていた私は60歳を機に転職し、東京を離れ実家に戻ることにしました。

忙しい都会暮らしに疲れたのと、兼ねてからの妻の夢であった家庭菜園を実現するためです。
転職といっても務めていた通信会社の下請けの支店で、実家に近いという理由で決めました。

子供達は上の娘は結婚して二人の娘孫がいて、下の息子は最近結婚したばかりの新婚さんです。

上の娘は持ち家があり、下の息子は嫁がマンションより一軒家がいいらしく、思案中のようです。

現在、住んでいるマンションの売却をどうしようかと悩んでいたとき、
そういえばと思いだし、10年ぶりに不動産一括査定サイトをを利用してみました。

すると、昔実家を査定してくれた会社が一番高い値を付けてくれたのです。

これも何かの縁と思い、早速連絡してみると、なんと当時実家を査定してくれた担当者でした。

40代中半の彼は私のことを覚えてくれていて、「その節はいい物件を見せていただきました。
今回は自宅マンションですね。すぐも査定に参ります。」といって、後日査定に来てくれました。

査定額は簡単査定とあまり変わらない値段で、とても満足いくものでした。

なお、売買の話をしているうちに、リフォームも請け負っているそうなので、ついでに頼むことにしました。

たまに実家に帰って、掃除や庭の手入れをしているのですが、
古い家なのでリフォームは必要だなと前から感じていたからです。

退職金の半分は息子に自宅購入の資金として渡して、
残りには手をつけずマンションを売ったお金と合わせて、リフォーム代にしました

そして、引っ越し早々に耕運機を買い、毎日妻は畑仕事に精を出しています。

私も休みには手伝いますが、腰が痛くてたまりません。
ふと自分達がいなくなったら、この家も査定されるのかなと思うと少し笑えてきます。

すると、横から「何ニヤニヤしてんの、そこもっと土盛り上げて!」と妻からの声、
カタカタと耕運機の音が空に響き、セカンドライフが過ぎていきます。

おすすめの不動産一括査定サイトはこちら